ホームへ 〒389-0516
長野県東御市田中66‐1
TEL 0268-64-6699
FAX 0268-64-6611
学科紹介          救急救命士学科 柔道整復師学科 山岳救命コース

  

体力の限界を引き出す国家資格

柔道整復師学科












キャリアサポーター



友だち追加  





柔道整復師とは

柔道整復師学科 柔道整復師とは、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷について施術を行うことができる資格です。ただし、手術や投薬を行うことはできません。よって、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させ、患者さんの痛みを一刻も早く取り除き回復を図っています。  柔道整復師は「開業権」「健康保険の取り扱い」が認められています。これは医師以外では柔道整復師のみに認められている特権です。また資格の活用は多様化していて、整形外科のリハビリに携わることもできる他、最近では介護福祉施設などで機能訓練指導員として、身体機能の回復を中心としたリハビリテーションを行う柔道整復師も増えています。

全国平均を上回る高い合格率

 本校の新卒生の国家試験合格率は、平成28年度が86.7%(全国82.2%)、平成29年度が90.0%(全国82.9%)と全国平均を上回っています。
 その順位は、平成28年度が全国107校中42位(長野県内1位)、平成29年度は全国105校中36位(長野県内1位)と高い合格率を上げています。
 その理由に、本校は開校当初より全日制(1日6時間授業)を取り入れ、柔道整復師国家試験受験資格に必要な単位以外にも卒業後即戦力になるよう実技や実習、また国家試験対策にも他校に類を見ない程の時間数を費やしています。
 このことは、国家試験合格率のみならず、11月に行われる認定実技審査(国家試験の実技審査)の開校以来9年間、3年生受験率100%、合格率100%のダブル100%を継続している実績に表れています。
 全員卒業、全員受験、全員合格を第一のスローガンに掲げ、教職員一同全力で学生をサポートします。

平成30年カリキュラム大改編に対応
          ―柔道整復師学科より重大なお知らせ!―

 皆さんご存知ですか?平成30年4月より、全国すべての柔道整復師養成施設において、教育課程(カリキュラム)が全面的に変更になります。これは、より質の高い柔道整復師を養成するため、現行の単位制に加え、授業時間数の最低時間数が設けられることになりました。
 これにより、単位数は現行の85単位から99単位に、授業時間数は最低2750時間以上と大幅に引き上げられます。
 本校は前述のとおり、開校以来全日制を取り入れています。現在既に本校の卒業に必要な単位数は90単位で、それとは別に、国家試験対策を3年間で約300時間(20単位分に相当)行っているため、わずかな改編で対応できる予定です。
 もちろん、受験生の皆さんが最も心配される学納金の変更は一切予定しておりませんので、安心して受験していただけます。



柔道整復師の活躍の場

 柔道整復師の活躍の場は増えています。外傷に対して施術を行うことができるため、接骨院だけではなく、整形外科病院やスポーツトレーナー、介護福祉施設でも活躍の場が広がっています。
 患者さんの年齢層は小児から高齢者までの幅があり、医学の知識だけではなく、患者さんからの信頼を得るような人としても研鑚していかなければなりません。
 身近な存在では、中学・高校などの部活動におけるスポーツトレーナーとしての活動をしている先生も多くいます。怪我をした後のケアも行うことができますが、「予防」の点においても柔道整復師が得意とする分野ですので、密に関われる資格といえます。

  柔道整復師学科について詳しく見る

 
●1年次
科学(基礎)
科学(応用)
英語、体育
解剖学Ⅰ
生理学Ⅰ
衛生・公衆衛生学
柔道Ⅰ
基礎柔道整復学Ⅰ
包帯実技
柔道整復実技Ⅰ

●2年次
解剖学Ⅱ
生理学Ⅱ
運動学
病理学概論
一般臨床医学
リハビリ
柔道Ⅱ
柔道整復学各論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
包帯実技
柔道整復実技Ⅱ
臨床実習

 ●3年次
外科学概論
整形外科
柔道Ⅲ
関係法規
基礎柔道整復学Ⅱ
臨床柔道整復学
柔道整復実技Ⅲ
国家試験対策








2017年度シラバス(PDF/836KB) 

 

学科からのメッセージ

 みなさん、ご存知ですか?柔道整復師がいろいろな分野で活躍していること。接骨院で外傷などを施術する治療家、スポーツアスリートのパフォーマンス向上を目的としたスポーツトレーナー、介護分野では機能訓練指導員やケアマネージャー、医療機関でのリハビリ、地域の方々への健康管理や運動指導などが上げられます。今後とも更に柔道整復師の活躍の場が今まで以上に広がり、それに伴い様々な知識、経験、技術の専門性が問われる時代になります。
 そこで本校では国家試験合格率90%、実技認定審査9年連続100%の実績に加え、多様な分野で活躍できる実践教育なども授業カリキュラムに取り入れ、教職員一同が全力でサポートをしています。本校で、夢実現のスタートをしてみませんか!

学生からのメッセージ

■在校生からのメッセージ スポーツトレーナーとしても活躍できる
柔道整復師を目指すために


柔道整復師学科 12期生
木下 昌博さん
長野県飯田風越高校 出身
私はこれまでに、数多くのスポーツを経験してきました。その中で何度か怪我をし、辛い思いするたびに、柔道整復師の方にお世話になりました。次第に柔道整復師がスポーツトレーナーとしても活躍できることを知り、資格取得を目指すようになりました。 現在は目標に向かって日々勉強や実習に取り組んでいます。勉強は大変ですが、同じ目標をもつ仲間との学校生活は、様々な刺激を受けるのでとても楽しいです。 長野救命医療専門学校は学校の雰囲気も良く、施設も充実しています。この恵まれた環境の中で知識をつけることはもちろんですが、患者さんへの接遇も学び、一人一人に寄り添うことができる柔道整復師になりたいです。

■卒業生からのメッセージ   一緒に夢を追う仲間がいたから


柔道整復師学科 7期生
曽根 直紀 さん
接骨院勤務(長野県安曇野市)
柔道整復師を目指している皆さん、こんにちは。 私は、長野救命医療専門学校を卒業後、安曇野市にある中島整骨院に就職しました。社会人となり3年目ですが、現場では免許を取るための勉強量だけでは応用が効かないことを痛感しています。日々の学習において、自身が学んだ知識が将来、患者さんの治療に有益なものになると実感したからこそ、学生時代もっと勉強しておけばと悔やんだこともあります。 しかし、勉学に励むことはもちろんですが、クラスの仲間との充実した学生生活での思い出が今の私を支えてくれています。私たちのクラスは仲が良く、毎日学校に来ることが楽しみでした。楽しいことは共有し、間違ったことは本気で言い合える、そんな環境だからこそ、皆で目標に向かって頑張ることができました。一生涯の仲間や恩師に出会えたことは私の誇りであり、この先仲間と過ごして得たことは、きっとどこかで役に立つと確信しています。 免許を取得することは、最低限の目標であり、取得してからが本当の勉強となります。学生時代の貴重な3年間を、1日1日を大切に過ごしてください。私自身も将来の夢である「開業」に向けて、現在の職場で研修させていただき、患者さんが納得してくださる説明の仕方や技術を磨き、日々勉学に励んでいきたいと思います。